ドル円相場

USD/JPYに関してだが4/4日現在では下記のトレンドを想定している。
現在は3/17からのフラッグと判断する。このチャネルラインが有効かどうか
で今後のトレンドを見極めたい。

本日アメリカの3月の雇用統計が-80000人と発表。失業率も5.1%とどちらも
予想を上回る結果となり、ドル売りが入っている。先日発表の新規失業保険
申請件数も今年最大となり、3月は雇用の悪化が浮き彫りとなった形だ。

IMM通貨先物では最近の円安の時に取組高が2日続けて減少しており、
積極的に円を売る動きではなく、円ロングの解消といった動きであろう。
円安への持続性という意味では新規の資金が流入しているとは現時点では
判断できず、積極的に円ショートを取るにはまだ早いと判断している。


無料で株式チャートの見れる jp.advfn.com

CoRichブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

為替マーケット

昨日とったポジション107.64は109.35にてロスカット成立。
結局絶好の買い場に逆のポジションをとった形となった。円を買う動きも
一段落だろうか。今日のマーケットでは円全面安のドル全面高という展開に
なっている。ここ直近のFRBインデックスも上昇に転じており、ドル安にもひとつ
歯止めがかかっているようだ。ユーロ/ドルも1.47台となっている。

コーンFRB副議長が『金融市場の混乱には柔軟に対応する』とコメントしたことが
利下げ期待につながった模様。耐久財受注や中古住宅販売件数等は共に
前月比マイナスであり、アメリカの景気先行き懸念が以前あるにもかかわらず、
現在のマーケットは利下げ期待で動いているようだ。VIX指数も20台と以前高い
水準。まだまだ楽観視は出来ないだろう。

アブダビ投資庁の外貨準備運用機関がアメリカシティグループに出資したという
ニュースがあったが、外貨準備をドルで持っている国にとってはドル安は資産が
目減りするので、ドル安を制止したいようだ。また原油もドル建てで決済される
為、利益の減少につながる。

ドル安でアメリカ資産離れが加速したら長期金利の急騰を引き起こし、
インフレ懸念が高まるという最悪の事態を引き起こす恐れもあるのでFRBは
難しい政策決定をせまられている。

過去も利下げ期待が株価を支えてきた局面は何度かあったが、本質的な
解決にはなっていない。利下げで経済を支えるよりも、実態の解明をする
方がよっぽど重要なのではないだろうか。

CoRichブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続・為替

では円高になるとどうなるでしょうか?あくまでも一般論ですが、ホンダ、トヨタ等日本を代表する企業の多くは主として輸出企業です。資源に乏しい日本では、少ない材料から高効率、高付加価値の製品を作り出して海外に輸出する事で成長してきました。これが『ものづくり日本』といわれる(これは日本国内で勝手にいっているだけか・・・?)ゆえんだと思っています。

話が多少それましたが輸出企業は円が安い(対米ドルで言えば高い状態)方が利益が出やすいのです。
例えば一ドル123円の時に輸出して1000万ドル売ったとします。
売上は12億3000万円です。これが一ドル122円なら12億2000万円です。
1000万ドルなら一円で1000万円利益に差がでます。
極端な話100円なら10億円です。同じ1000万ドルでもこれだけの違いがあるのです。

ですので輸出を主とする企業では円高になると利益に直結します。でも海外旅行に行きたい日本人にとっては円高は大歓迎!なのですが、日本のトップ企業の多くは輸出企業で、これらの会社の利益が下がる→株価が下がる→日経も下がる→不景気になる。
とまぁ教科書的な事で必ずしもそうとは限りませんが一般的にはこのような受けとめ方をされています。

経済にとって為替は切っても切れない関係にあります。今は様々な金融商品が普及し、ネットの発達で個人とプロの垣根が低くなってチャンスが増えていると思いますが、どんな経済状況におかれても他人や外的要因に惑わされず自分の判断で行動できる投資家を目指したいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FX

投資家アスリートを目指すといいながら投資の話はひとつもないじゃないか!っとつっこまれるといけないので、今日は投資について

私が主に行っているのは外国為替証拠金取引 いわゆるFXと呼ばれているものです。って何?なんですが、早い話外国通貨(アメリカドル、ユーロ、オーストラリアドルetc.)を購入するものです。なんだかわかりにくそうですが海外に行ったことのある人は必ず銀行等で旅行先の通貨に両替したと思います。それとまったく同じ事です。

例えばニュースで『今日の円相場は一ドル123円50銭~円安ドル高』と聞いた事があるでしょう。これは毎日世界中で通貨の取引が行われていまして、それの東京市場での取引の事です。例えばアメリカに旅行にいくのに1000ドル分両替するとします。一ドルが123円なら123000円必要になりますが、為替が円高になって一ドル100円なら100000円で済みます。同じ1000ドルでも日本円にしたら23000円も差がでるのでかなり大きいですよね!

なら円高になればいいじゃん!って思うかもしれませんが、為替は経済に大きな影響があるのです。一概に円高になればいいとは限りません。続きは次回に・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)