今日のマーケット

P1020207
12/3 今年もあと一月になりました。投資初年度はかなり色々ありましたが
今月も重要な月になりそうだ。

日経平均15628.97円、225mini15695円 為替110.50円近辺での取引

先週金曜日の海外市場は小幅高。NYは4日続伸で約630円高となった。
あいつぐFRB高官からの金融緩和発言や政府と各金融機関がローン救済策を
検討中というニュースが流れて市場に安心感がもたらされた。
また、原油価格も90ドルを割り込みインフレ懸念も若干薄らいだ事から
利下げ期待を織り込む展開となっていた。さすがに上昇スピードの速さから
利益確定売りと、ナスダックが軟調だった事が重しになったようだ。

東京市場も買い材料に乏しく商いの薄い展開。利益確定売りをこなしただけ
という感じ。基準線と25日移動平均線を超えられずひとまず調整局面にはいった
感じがある。

今晩はISM製造業景況指数という景気動向を占う上での重要な指数の発表がある。
今後の動向を見極めたい。

CoRichブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のマーケット

P1000913_2 

日経平均15222.85円 225mini15240円 
前日のNY市場は12743.44ドルで-237.44の下落。ここの所上げては下げる展開が
続いている。VIX指数も28.91とまだまだボラティリティも高く、投資家の不安心理は
払拭されていない。

今日の東京市場は前場はもみ合いが続き、後場にかけてアブダビ投資庁が
米シティに8000億円の資金供給をするというニュースが流れ、一気に上げ幅を
拡大。高値15350円をつけた。

日本市場は中国政府系ファンドが日本株を運用にいれたとか、ドバイ政府系
ファンドがソニーの株を取得した等、外国人投資家の買いがはいっていると
情報がはいって上昇しているようだ。
このところ上昇を牽引してきた海運、鉄鋼、資源関連の下げがめだっている。
相場全体が盛り上がらない中、個別に物色が入っているようだ。

為替もNYクローズの107.24から108.6台まで上昇。ドル買いがはいったが
そこからは高値を追う展開にはなっていない。

IMMファンド筋のポジションでは、二週連続で円の買い越しとなっており、
円ロングは10/2から増加している。
CME通貨先物でも取組高を伴って円高が進行しており、円を買う動きに
なっているようだ。107.64でショートポジションをとった。ロスカットは109円
におく。

CoRichブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々に・・・

P1000827_2
久しぶりの更新です。何をしていたのかといいますと、何もしていません。
途中イギリスに旅行にいったりしていましたが、マーケットの変化を眺めていました。
投資判断や今後の展開を自分なりに残していこうともう一度始めました。

11/26のマーケット
日経平均 15135.21円 225mini 15180円 USD/JPY 108円ミドル
先週末の海外市場の上昇を受けての反発。CME15000円にさや寄せする形で
スタート。後場にかけて一段上昇した。イブニングでは15205円で引けた。

寄り付きからもみ合いを予想していたが、先物買いによる上昇のようだ。
東証一部の売買代金は2兆7805.08億円。相変わらず現物の盛り上がりに
欠けている展開になっている。通貨オプションのボラティリティも一ヶ月物で
14.2%と以前高い水準で市場が安定しているとはいえない。

10/11日のmini高値17530円からの下落波動(5波構成)を計算してみると
現在のターゲットは14125円とする。もちろん計算値なのであくまでも参考だが

今日は転換線15128円を終値で上抜けており、一つシグナルが変化したが
まだまだ弱気シグナル転倒の状態であり、基準線の攻防になるだろう。

Podcastを聞いていたら面白い内容があった。伊藤洋一のビジネストレンド
NIKKEI NETの番組の一つだが、『ブラックマンデーから20年』というタイトル
だが、過去をさかのぼると約10年単位で金融危機が起きているというのだ。
ブラックマンデーからLTCMの破綻、アジア通貨危機等色々ありますが
なぜ歴史は繰り返すのか?という事なのだが、ファンドマネージャーというのは
大抵10年位で入れ替わるという。過去の事実を学んでいるはずだが、
いざ軌道の乗ると『俺達は大丈夫だ、過去の人より賢いはずだ。』と錯覚する
という。これは行動ファイナンス理論にもあるようだが、自信過剰バイアスと
いってトレードの結果がいいと『俺の判断は正しい』と勝手に解釈するという。
しかもそれは男性に多いという。

人間は過去からたくさんの事を学んでいるはずだが、決して学ばない部分も
あるという。私も経験があるが、利益がでているとどうしても気が大きくなる
時がある。バイアスがかかると正しい判断が出来なくなる。
いかに自分を分析してマーケットに挑むか。長くマーケットの世界を生きる
為には重要な事だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のマーケット

今日の日経平均は前日比-377.91円の16870.98円。225miniは-475円の16805円
昨日のNY市場の下落と円高進行による売り優勢の展開。

GM等企業業績や経済指標などは好調で買い優勢の展開だったが、REITの
アメリカンモーゲージインベストメントの追加担保差し入れが困難と発表されてから
信用リスク再燃により相場は下落。NYダウは-146.32ドルの13211.99ドル。
為替も118円半ばで取引され東京タイムでは117円台まで円が買われた。

日経も17000円台を維持できずあっさり16800円台まで下落。銀行関連の下げが
目立っていた。株式下落で国債が買われたので長期金利の下げを嫌気されたか

企業業績も輸出関連で好調な決算が出ていたので、円高進行には今後の見通し
にかなり不安要素となっている。各企業が想定レートを引き上げていたので
通期決算に影響がでなければいいが。

円高、原油価格上昇、アメリカの不透明感。選挙後早くも日本市場は試練の
場となっている。これで政局混乱で海外投資家の心理を冷やすような事には
ならなければいいが。海外市場と円安によって今日の景気拡大があるのなら
日本はさらなる試練に立たされる。

CoRichブログランキング

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今日のマーケット

今日の日経平均は前日比-40.41円の17248.89円。225miniは-30円の17280円
先週の大幅下落、参議院選挙も終わりやっと一段落した感じだ。
為替も119円まで回復してきてマーケットも安定してきた。

先週アメリカのサブプライム問題がきっかけで世界的に大幅下落した。
三月の世界同時株安の時のような動きで市場心理は一気にさめた感じだ。

今週に入り何とか今は持ち直してきている感じだが少しのきっかけでまた大きく
下げることもありそうなので、投資判断に注意したい。

参議院選挙は与党の大敗で参議院の議席は民主党が過半数を占める形に
なった。これで国会運営もいままでとは大きく変わり、以前のような数で押し切る
ような方法ではいかなくなった。

世間では解散総選挙だとか色々言われているが、私が思うには政治というのは
どこの政党がしても、誰が総理大臣になってもいいのである。
大切なのはこの国を正しい方向に導く事である。政策というのは政権をとる為に
あるのではなくて、国民全員が豊かに安心して暮らせるようにする為にある。
その為には与野党だ何だと批判ばかりし合うのではなく、正しい方向に舵を
とるにはどうすればいいのか真剣に議論する事が大切だ。

現日本経団連会長の御手洗冨士夫会長が以前テレビで言っていたが
『今日も大事、明日も大事、しかし20年、30年先はもっと大事。その時の対策を
今やっておかなくてはならない』
まさにこの通りだ。目先の事に執着するのではなく、将来の国のあり方について
真剣に取組んで頂きたい。政界は新たな局面に入る。国会にも緊張感がでる
だろう。

しかし、この選挙で経済成長に水を差すような事だけは絶対にして欲しくない。
税制改革、財政再建は当然大事だがそれには経済成長が必要不可欠だ。
それだけ今回の選挙結果はインパクトが大きい事を理解して欲しいものだ。

CoRichブログランキング

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日のマーケット

今日の日経平均は前日比-194.29円の17963.64円 225miniは-215円の17970円
20日のNYダウの下げと円高に嫌気されての売り優勢の展開だった。

17990円で買いその後少し上げた所で売り抜けれず、結局17920円でロスカット
その後は17930円で買い戻した。

今の所NYも好調で為替も少し円安に振れている。CMEも堅調に上げているので
明日はまずまず期待できそうだ。今日のマイナスを取り戻せるといいが。

トレードで大切なのは「自己コントロール」だと思うがまさに今日はそんな展開だった
小額でも利益がでて決済するのなら迷わず行う。やはり欲がでてしまうといい結果
にはならない。 
タイミングの逃して今日の様にロスカット。終わってみればポジションを持って
いても大したマイナスではなかった展開。いままで何度しただろう。
まだまだ成長できていない

どんなに優秀なトレイダーでも常勝は出来ない。大切なのは失敗をいかにして
成功に結びつけるか。

さて話はかわりサッカーネタを。アジアカップ日本対オーストラリア戦
後半からしか見ていなかったが、日本サッカーの方向性が見えたゲーム
だったと思う。フィジカルでは明らかに劣る日本がどういった試合運びを
するのか、オシム監督が意図する事がよくわかった。

オーストラリアは選手のほとんどが欧州でプレーし、個々の能力も高いが
代表チームとしてはまだまだ機能していなかった。またアジアをなめていた
部分もあるだろう。彼らがこの結果を真摯に受け止め、次回のW杯に向けて
本気で強化してきたら強力なライバルになる事は間違いない。

日本も自分達の力を信じ、頂点を目指して頑張って欲しい。

CoRichブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来週のマーケット展望

金曜日の日経平均は前日比254.81円高の18238.95円
225miniは285円高の18275円だった。木曜日のNY市場の大幅高を好感された
取引となった。私が投資を始めてから始めてみる大幅高となった。

寄り付きは高くなると思ったがザラ場でそのままあがっていくとは思わず売りポジ
2枚を持ち越しとなった。前日のSQがらみの売り先行でかなり下げていたので
あそこまであがるとは思わなかった。

NYでは13日の終値が1万3907ドル25セントと過去最高値を更新。
12日は前日比283ドル高と2002年10月以来の上昇幅を記録。
英豪資源大手リオ・ティントによるカナダのアルミ大手アルキャンの買収と、
米主要小売業の6月の売上高が堅調な伸びをみせての買いだそうだ。
このところアメリカもいい材料が無く、株価も上げ渋っていたがここにきて
大幅高となり14000ドルも視野にはいってきた。しかし為替ではドルは売られて
いる形となっている。

日本も日銀政策決定会合で予想どうり無担保コールレート(政策金利)を0.5%で
据え置きとなり、後は参議院選挙を待つばかりだ。
底値は切り上がってきているものの、高値を更新できない展開が続いていただ
けにアメリカの上昇は大きな材料となったが、日本国内では大きな材料がなく
来週も変わらない展開が続きそうだ。

今は外国人投資家も多く、日本のマーケットに大きな影響力を持っている。
海外勢にひっぱられているだけでは日本の成長にかなり不安を感じる。

今過去何十年の中でもっとも高い成長率だといわれているが、国内に目を
向ければそのような状況は見られない。今は海外の成長に恩恵を受けている
面が多く、国内では自動車でも販売は伸びていない。
今回の選挙でも年金の話題ばかりで消費税など税制にかかわる話題が完全
にかき消されている。日本の財政状況は深刻な状態にある。待っている時間は
無い。わかっているはずなのにどうしてそれを取り上げないのか?

あそこはこうだここはこうだと悪口の言い合いなど聞きたくないし、国を代表する
議員の言葉ではない。本当にいい政策であれば自信を持ってアピールすれば
いいし国民からも受け入れられるだろう。このままの状態が続けば海外からも
見放され、日本は破綻への道を歩んでいくような気がする。

誰でも我が国が破綻してほしくないし、そんな姿を見たくない。政党の議席確保
の為だけの選挙ではなく、真の意味での改革に期待したいものだ。

我々もいつまでも人まかせにするのではなく、責任ある有権者として選挙に
参加する事が日本復活への第一歩であるだろう。

CoRichブログランキング

ALL外為比較

| | コメント (1) | トラックバック (0)

今日のマーケット

今日の日経は前日比-203.16の18049.51円。225miniは18065円であった。
昨日のNYが150ドル程下げていたのでつられての安値だったと思う。
又、昨日のNYタイムにかけて、為替がかなり円高にふれた事も売り要因だったで
あろう。

アメリカのサブプライムモーゲージ(信用度の低い借り手への住宅融資)市場
問題が取りざたされているが、融資会社の負債と格付けを下げられた事が
ドル売りの要因になっているようだ。その為、対ユーロ、ポンドが買われていて
対ポンドに至っては26年ぶりの高値だそうだ。

11日のNYタイムではダウも昨日のマイナスも少し戻しており、為替も昨日の下げ
から回復してきているので、明日の日本市場は大きな下げもないだろう。
為替もある程度は戻ると思ったが、今回はポジションはとれなかった。
さすがに昨日の下げ幅は大きかった。

何とか今日の終値を保てればまだサポートトレンド上で推移するので上昇トレンド
継続とみていいだろうが、上値も重い展開が続きそうで移動平均も横ばいに
なりかけており下値をブレイクすると下降トレンドを形成しそうな位置にいる。
今は動きがみえにくくポジションをとりにくいがわからない時は下手に動かない事だ

わたしはトレイダーズ証券を利用しているが、為替ストラテジストに森さんという
方がいてその方がセミナーの中で、『私もずいぶん市場にお金を預けてきました
。その失敗から学び、経験則を得ています。』とコメントしておりました。

特に取引きに失敗した時に何が悪かったのかを冷静に分析する事はとても大切
でしょう。二度と同じ失敗は繰り返さない。少しずつの積み重ねが大きな成果に
なると思います。
どんな事にも言えると思いますが成功するには才能ではなく、地道に努力して
積み重ねていく事だと思います。その事を信じて実践していきたい。

CoRichブログランキング

| | コメント (1) | トラックバック (1)

今日のマーケット

今日の日経平均は前日比121.04円高の18261.98円。225miniは135円高の
18275円となり、終値で年初来高値を更新した。
今朝発表された機械受注統計5月分は前月比+5.9%と予想を上回る結果となって
買いが先行した形になった。

もともと寄り付きは前日比プラスからだったが、指標が発表されてからはさらに
買いがはいっていた。一時ザラ場の高値を追う形であったが、売り圧力に押された
形となっていた。

私は寄り付きはプラスで始まると思ったので、成り行きでどうしようか迷った結果
あまりしない両建てでスタートした。結局買いポジションは早々に決済して一応
プラスだが、売りポジションは決済せず持ち越した。

私の現在とっているデータ上では今はボックス圏内のちょうど中間地点で次の
ターゲットは18350円位を予想している。下値は25日線あたりの18100円。

こうなると日銀のシナリオどうり、堅調に推移している景気判断により8月に
利上げという意見が多数をしめている。今日本円は為替市場ではかなりの
低価値でどんどん円安が進行している。

低金利が要因のひとつではあると思うが円安を支える一つの要因に我々日本の
個人投資家の存在がある。為替相場で円高に振れた時にこぞって円を売る
(外貨を買う)動きが大きくなっているそうです。それは日本の個人投資家だ
そうです。日銀の西村さんが円売りを仕掛けているのは東京の主婦だと
発言されたようですが、それだけ個人投資家の影響力が大きいという事でしょうか

確かに我々にとっては円売りした方が利益を得る可能性は高いです。FXで
一万USドル取引した場合、一日のスワップ金利が大体160円ほどつきます。
円買いしたら逆に160円金利を支払わなくてはなりません。これだったら
日本中誰でもドル買いしたくなりますよね!?

株式市場でも円安進行で買い優勢というのはよく聞かれますが、手放しでは
喜べない事実もあるのです。
長くなりますので続きはまた次回。。。

CoRichブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カンブリア宮殿

普段あまりテレビは見ませんが、必ず録画して見る番組があります。
テレビ東京で毎週22:00~放送しているカンブリア宮殿という経済番組だ。
村上龍さんと小池栄子さんがインタビュアーを努め、毎回様々なゲストを迎えて
繰り広げられるトーク番組だ。
そのゲストは企業のトップからスポーツ選手と多岐に渡る。

企業のトップが主なゲストでそれぞれの価値観、経営観をインタビュアーの二人が
聞き出すというものだが、裏話もあり皆さんの人間性を見せてくれて
とてもおもしろい。

経済番組というと何だか堅苦しく聞こえるがビジネスに限らず、人生観に触れる事
が多いので年齢層に限らずお勧めしたい番組だ。
番組ではごく一部しか見ることが出来ないが、さすがとても濃い人生を歩んで
こられていると感じさせられる。

何か違う物を持っているなっといつも思うのだが、もし自分だったら絶対そんな事
出来ないと思う事を考え、実行に移している結果が成功を導いている。

トップに立つような方は何か特別な存在の様に感じてしまうが、決してそうではない
努力の積み重ねと揺るがない信念があってこそ成功を導いていると思う。

京セラ名誉会長の稲盛和夫さんはセラミックの技術者から京都セラミックスを
立ち上げ、世界的な企業に成長させた。
稲盛さんは『経営者とは働く社員、家族、お客さんとあらゆるものを満足させな
ければならない。自分だけよければいいと思っていれば働く社員は被害者になる』
とおっしゃっていた。

企業のトップとは経営能力が問われるのは当然だが、私はそれ以上に人間として
の質が大切だと思う。トップの人間性が企業の質を左右するといっても過言では
ない。ワンマンで自己満足の為なら社員に無理強いや法令違反もやむなしと
思っている社長の会社がいい会社であるはずがない。そういった会社は
内部告発で潰されるのがオチだろう。

良い会社には良い社員、よい社長がいる。そういった会社を増やしていく事も
投資家としての仕事なのではないだろうかと思う。自分さえ儲かればいいと
思うのではなく、株主として会社を監視する事が大切だろう。そういった
投資家を目指したいものだ。

カンブリア宮殿の本が出ました。まだ買っていませんが是非読みたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)