« 2008年1月 | トップページ | 2008年4月 »

今日のマーケット

日経225miniは12620円で引けた。12500円所でサポートされた形となった。
前日の高値からは上値を切り下げており、下げが継続されると思われたが
下値も硬い印象だった。

結局前回のトレードも翌日に損切りを行い、12670円でショートしたポジションも
決済した。
2/27高値14130→3/17安値11610円の50%が12870となり、その水準に到達
していないので、まだ弱気相場と考えている。12500円を終値で下回るのが
一つの焦点になるかもしれない。

NYも1/22からレンジ相場を継続していて、方向感に乏しい展開だ。
10月の高値から12月の高値を結んだレジスタンスから安値にチャネルラインを
引くとほぼ8月の安値から1/22日の安値を結ぶことが出来て、このチャネルが
有効かどうかがポイントになりそうだ。また、上限に到達せず下限に向かう
なら新たなトレンドが出来そうだ。

ドル円に関して言えば3/17 95.71をつけてから98~101円をはさんだ動きに
なっていてこちらもトレンドの小休止状態だろう。下値切り上げでボックスが
継続するようであればまだ現行の下げトレンド継続と思われる。12月から2月
のレジスタンスからのチャネルラインが有効であれば102~103円あたりが
上限となり下限は90円辺りとなる。

EUR/USDだが、3/17日に1.59台に乗せた後は1.53台まで急落したが、また
1.58まで上昇している。NYCLベースでは前回の高値を上回っているが
今後の動きがポイントと見ている。このまま上昇トレンド継続か、ヘッドアンド
ショルダー等を形成し、トレンドの転換となるのかが注目だ。
RSI(14)日足ではFailure Swingが見られており、トレンドの転換を意味している
物なのか見極めたい。

CoRichブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のマーケット

3/24 日経225miniは12415円で引けた。12440円でショートポジションをとった。

理由としては
1.4日続伸でいったんの調整が入ると思われる。
2.5分足でのRSI(14)でfailure swingが見られた。25単位移動平均を下回った。
3.小さいながらヘッドアンドショルダーが見られた。
4.1/22終値12500を終値で上抜けなかったのと、欧州等が休日であるが
  出来高が少ない。

というのが主な理由だ。基本的には下落トレンドの中であり、トレンドに従うという
方針に従いショートポジションをとった。
前日の高値安値ともに上回っているので少し早い判断かもしれないが・・。
ロスカットは12530円においた。高値12520円の上におく。

1/22安値12500から42日、2/27高値14130円から17日という日柄にも注目した。

 

CoRichブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週の相場

先週のマーケットはUSD/JPYで95円台をつけるなど、ボラティリティの高い週と
なった。EUR/USDも1.59台に乗せた後、1.54ミドルまでさげる展開となった。
その他クロス円通貨も対ドルでの下落を受けてほとんどの通貨で下げている。
ドルの実効レート Major Currency Dollar Index でも最安値を更新していたが、
週末では反発している。
商品相場もWTIで110ドル、Goldで1000ドルまで乗せたが、その後は10%近く
急落している。

CFTCのレポートによれば、EURでも買い越しが減少、売り越しが増加傾向にあり
積極的に買いポジションを持っていない状況が伺える。トレンドではまだ
上昇トレンドの中にあり、転換したとは言えないが変化が起きている事は確かだと
思う。EUR/YENでも2000年11月頃からの上昇トレンドのサポートラインあたりに
位置していて、このあたりが破られるかが焦点となるだろう。

今週の見通し
USD/JPY 
2月下旬からのレジスタンスラインを突破できるかがポイントとなるだろう。
大体100円ミドルあたりがポイントとなりそうだ。

EUR/JPY 
月足ではダブルトップ形成の可能性があり、2007.8月の安値149.23を破られると
本格的に転換していくと思われる。また153円あたりも重要なトレンドのサポート
ラインであり、ポイントになりそうだ。EUR/USDの下落が継続されるのかも
ポイントになってくる。

 

 

CoRichブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

98円台

3/14 NYタイムでドル円で98円台をつけた。
EUR/USDも1.568まで上昇。最高値を更新し続けている。
ドルの実効レートも69.7702と最安値を更新し続けている。

円高というよりかはドル安に歯止めがかからない状況でAUDやSWFでも
かなりのドル安が進んでいる。
ドル安の影響を受け原油先物は111ドル台に乗せ、金価格も1000ドルまで
上昇した。リスク回避とインフレ懸念から商品に資金が移っている。

日本では円高と言われているが、EURやAUD等、USD以外の通貨に関しては
まだまだ円安の状態が続いている。長期トレンドの下値支持線あたりに推移
していて、サポートされるのか、ブレイクされるのかが今後の焦点となりそうだ。

本日考えた今後の見通し

ドル円について。
3/21に1/23の安値104.96から42日、2/14の高値108.6から17日となり
一目均衡表の基本数値『17』『42』という日柄を来週末に迎える事になる。
6/22からの高値を結んだチャネルラインの下限は突破しているが、
12/27からのチャネルラインでは下限近くに推移していて、一旦の底値と
なるのかが注目される所だと思う。
CME通貨先物では出来高がかなり膨れているが、取組高はさほど上昇して
おらず、積極的に円買いポジションを持っていない可能性もある。

日経平均について
こちらは3/24日にドル円と同じ日柄を迎えるので、底値となるのかが焦点となる。
14日の出来高はかなり多いものとなっていて、底値をつけたとしても、12000台
がレジスタンスとなる可能性が高そうだ。

原油先物について
WTIは連日高値更新となっているが、IMMファンド筋のポジションで3/11の時点
でショートポジションが大幅に増えており、ファンド筋に変化の兆しが見えている。
これが重要な転換なのか、一時的な調整なのか見極めたい。

CoRichブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マーケットコメント

3/11 日経225miniは始値12335円から終値12615円まで上昇で引けた。
現物で昨日安値更新から売り優勢かと思われたが、買い優勢の展開。
もっとも、底を打ったとは判断できず、下げ相場での調整と思われるが、この
局面の持続性がどれほどなのかを見極める必要がある。

2/27日の14000円所から今日で9営業日ということで、一目均衡表の基本数値
の9で短期的な転換ととらえることもできるだろう。戻り幅と出来高を注視していき
たい。

FRBと各国中央銀行は合計約20兆円の協調資金供給を発表。これか好感されて
欧州、米国市場ともに上昇。
為替もドル円で113.5近辺まで上昇。こちらも短期的に底打ちしたと思われる。

CME通貨先物取引では、円高と共に取組高が増えていて、円買い圧力が
高まっていたが、昨日では取組みが減少していて、円ロングポジションを
手仕舞いする動きがでてきている。ユーロも高値圏から取組みが減少しており
積極的に買う動きは一旦休憩といったところだろうか。このまま現在のトレンドが
継続なのか、調整局面入りするのか見極めたい。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マーケットコメント

3/4日の日経平均終値は12992円処であった。本日ももみ合いの中で
12900円あたりがサポートとなるのかが焦点となるだろう。

トレンド的には1/22の安値から始まる三角持ち合いを想定している。
1/22から2/12を結ぶ小さいトレンドラインを破っている形になっていて、
今後はこのラインを上回ってくるかがポイントになりそうだ。

下値は1/22の12570円。このラインを出来高を伴い下落するようなら下落相場
継続。リバウンドするなら調整局面が継続とみるが、基本的に下落トレンド
が変転換するとは見ていない。

為替はここ二日間で102.60円処で反発し短期的に底打ち感があるが、
こちらも下落相場に変更なし
2/14高値108.6円→3/3安値102.6円 値幅6円となり31.8%戻し104.51円
50%戻し105.6円、61.8%戻し106.31円。
どのあたりまでリバウンドするか注視したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年4月 »