« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

日経225

12/6 225mini終値15925円となり、基準線15778円を上抜けた。転換線も上昇基調
にあり短期的な上昇波動を形成しつつある。遅行線が日々線に近づいていて
3~4営業日あたりが相場の転換を示す日柄になりそうだ。

10/25の安値16205円まで到達するか注視したい。

ドル/円相場は111.10円近辺まで円安となっているが、基準線を上抜けない状態が
続いている。ドルを買う動きもエネルギー不足のようだ。こちらも遅行線が近づいて
きているので来週あたりが相場の転換点になるかもしれない。
金曜日のIMM通貨先物取引の傾向を見ると、ここ二週間はドルに対して円が
買い越しの状態であるが、売りと買いが拮抗している状態にある。積極的に
円を買う動きというよりは売り越していた円を買い戻しているという状態。
総取組高も減少傾向であり次の動きによっては今後のトレンドの方向性が
見えるかもしれない。
ドル/円に関しては基準線を上抜けるかが一つの焦点になってくるだろう。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のマーケット

P1020207
12/3 今年もあと一月になりました。投資初年度はかなり色々ありましたが
今月も重要な月になりそうだ。

日経平均15628.97円、225mini15695円 為替110.50円近辺での取引

先週金曜日の海外市場は小幅高。NYは4日続伸で約630円高となった。
あいつぐFRB高官からの金融緩和発言や政府と各金融機関がローン救済策を
検討中というニュースが流れて市場に安心感がもたらされた。
また、原油価格も90ドルを割り込みインフレ懸念も若干薄らいだ事から
利下げ期待を織り込む展開となっていた。さすがに上昇スピードの速さから
利益確定売りと、ナスダックが軟調だった事が重しになったようだ。

東京市場も買い材料に乏しく商いの薄い展開。利益確定売りをこなしただけ
という感じ。基準線と25日移動平均線を超えられずひとまず調整局面にはいった
感じがある。

今晩はISM製造業景況指数という景気動向を占う上での重要な指数の発表がある。
今後の動向を見極めたい。

CoRichブログランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »